コンテンツ内の文字数

検索エンジンは訪問者が役立つような、質の高いコンテンツを高く評価します。Googleはコンテンツの内容をより理解できるように改善してきていますので、現在のSEOでは、コンテンツが最も重要な要素となってきています。

検索エンジンは、コンテンツ内のテキストや外部からの評価を見て、品質を判断しています。

訪問者目線にたって詳しく説明し、人の役に立つコンテンツを作成していく事で検索エンジンの評価、訪問者の評価ともに高まります。

質の高いコンテンツとは?

GoogleのSearch Consoleヘルプにも記述がありますが、要約すると以下のようなコンテンツです。

  • オリジナルである事
  • 情報が豊富
  • 他のサイトよりも内容が勝っている
  • 信頼性がある

質の高いコンテンツを作成する

オリジナルである事

コンテンツの文字数ばかりを気にしてしまい、外部の文章をそのまま転載したり、一部言い回しを変えたり、複数の外部サイトのコンテンツをミックスさせたりといったウェブサイトを見かけますが、このようなウェブサイトはトラブルのもとになり、訪問者や検索エンジンからの評価にも悪影響です。
コンテンツを作る際は、オリジナルの文章を書くようにしましょう。

情報が豊富

SEOではページ数が多い程有利と誤解されがちですが、質の低いページ、内容の薄いページを大量に作成しても訪問者、検索エンジンからの評価は上がりません。
訪問者の目線に立って、詳しくわかりやすいコンテンツを作成しましょう。訪問者にわかりやすく説明する為に、動画や画像などで補足していくという事も重要です。

他のサイトよりも内容が勝っている

一般的に広く知られているような内容のコンテンツは、訪問者にも役立ちませんし、検索エンジンも評価しません。
SEOで集客したいキーワードで実際に検索して、上位表示されている複数のウェブページの内容を確認してみましょう。
内容の薄いページもあるかもしれませんが、詳しく説明している役立つページもあるはずですので、そのページより内容で勝るコンテンツを作成していきましょう。

信頼性がある

信頼はこつこつと時間をかけてウェブサイトとして取り組みべき要素です。
訪問者の信頼を得られれば、頻繁にウェブサイトを訪れてもらえますし、扱う商品やサービスも信頼が高まります。
検索エンジンは信頼性も評価します。信頼性は外部サイトからの被リンクやブックマークなどの質、数によって評価されます。
役に立つコンテンツをコツコツと作っていき、ソーシャルメディアなどで発信していく事で多くの人の目に触れて、結果的にソーシャルブックマーク外部サイトからの被リンクが増えていきます。

ただし、自作自演の被リンクや、リンクを購入する事はGoogleのガイドライン違反となり、ウェブサイトの評価を下げてしまいます。

このような事を心がけると自然とテキストの文字数は多くなっていきます。

コンテンツを作った後放置しない

SEOは長期的な取り組みです。コンテンツを作った後も、順位を計測したり、集客状況を計測していくことで、より優れたコンテンツに改善していく事ができます。
コンテンツは時間が経過すると周りの状況が変化し、古い情報となりがちです。情報が古くなると検索エンジンの評価も下がってしまう為、定期的にコンテンツが古くなっていないか確認する習慣をつけましょう。
順位を計測するならRank Reporter、ウェブの集客状況を測定して分析するなら無料のGoogle アナリティクスがおすすめです。
既に集客が出来ている規模が大きなウェブサイトの場合は、SEOを総合的に管理する事ができるSpresseoというクラウドサービスをおすすめしています。